化粧箱のデザインスペースを確保しながら、中の商品をアピールできる-販促通販

化粧箱のデザインスペースを確保しながら、中の商品をアピールできる-販促通販

今回は、窓貼り加工についてご紹介致します。

化粧箱に窓を開けるものはよく製作致しますが、

その後の加工は何種類か御座います。

1.抜き加工で本体ごと窓を抜いて、穴をそのまま落とさない方法

※こちらは、機械貼り加工で窓部分が引っ掛からないように
ツナギ(窓穴が落ちないようにする紙の繋がり部分)を大きく
しなければならないので、かなり大きなツナギ、数が必要ですので、窓穴を手で抜いた後は、ツナギ部分の紙が残り少し目立ちます。

2.抜き加工で本体ごと窓を抜いて、そのまま抜き加工で穴を
 落とし、その後穴が開いた状態で機械貼り加工する方法

※こちらは、窓の位置、大きさによっては機械貼り出来なく
可能性があります。写真のような窓穴が大きいと貼り加工で
流す際、1枚目2枚目~と窓穴部分に次の箱が引っ掛かってしま
い、流れなくなってしまう恐れがあります。ので、こちらは
糊しろ部分は両面テープで、手貼り加工(内職)になります。

3.抜き加工で、先に窓のみを抜いて表面加工(PP窓貼り)で
 窓貼りをする方法。

※こちらは、本体を抜く前に窓のみを抜き加工をして、その後
表面加工で全体をPPに掛けて(窓穴が開いている部分も)、
その後抜き加工で本体を抜き、機械貼り加工をします。
※写真のものがこちらの仕様になります。

4.抜き加工で本体ごと窓を抜いて、そのまま抜き加工で穴を
 落とし、その後PETシートを裏面から手で貼る方法

※こちらは、穴より少し大きな四角いPETシートを糊りを使って
1枚1枚手で貼っていく方法です。その後糊しろを機械貼りします。

以上、色々な方法をご紹介致しました。

大きな窓穴でPP窓貼り仕様にする場合は、内容物によっては

箱が潰れたり、PP窓が破れたりする可能性がありますので、

テストをした方がよろしいかと思います。


—————————————————————————-

穴付きパッケージ、PP窓貼りに関しては

下記までご連絡ください。

御見積り依頼お待ちしております。

フリーダイヤル0120-007-767

メールのお問い合わせ

info@p-fujita.co.jp

お客様の売上げアップに印刷物で貢献したい
株式会社 藤田

〒343-0827
埼玉県越谷市川柳町1-279-1
電話 048-989-9944
FAX  048-989-9949

販促通販

——————————————————————————

~商品が売れる方法を教えます~ 新WEBサイトオープン!!

http://www.p-fujita.com/

 

既製品の通販サイトオープン!少ロットで販促グッズが買えます。

http://www.p-fujita.jp/

 

株式会社 藤田の営業社員がグルメ・遊び・お得な情報を発信

http://p-fujita.tank.jp/

 

株式会社藤田 ~facebook~

https://www.facebook.com/fujitacorp

 

株式会社藤田 ~YOUTUBE~

https://www.youtube.com/channel/UCQj5N2e6C4HFXGI83wDBF9A