メール便規格段ボール箱への印刷

メール便規格段ボール箱への印刷

メール便とは

メール便

メール便とは、小型の荷物の配送の際にポストに投函されるサービスの総称を言います。主要3社でもサービス名が違いますが、ポストに投函という点では同じです。

メリット

・ポストに配送・投函されるため受取り手の負担が少なくすみます。受取り手が不在の場合でも荷物が届けられます。

・料金が安くおさまります。通常の宅配便と比べ割安な料金で発送することが可能です。

デメリット

・小さすぎる荷物は送れないものがあります。

・保証がありません。荷物の破損・紛失に保証がないため、割れ物や高価なものは送らないほうがいいです。

・ポストに入らない場合は持ち戻りとなります。ポストにご不在連絡票が投函され、再配達依頼が必要となります。

メール便段ボールをパッケージへ

通常のメール便の段ボールは茶色1色の段ボールが主流ですがその段ボール(G段)にフルカラー印刷を施すことでよりオリジナリティや高級感を演出することができます。ただの郵送する段ボールではなく、本体だけでもパッケージの役割を担うこともできます。

当社ではその段ボール(G段)にダイレクトにオフセット印刷をすることが可能です。ダイレクトにオフセット印刷することのメリットとして以下があげられます。

・高品質

オフセット印刷を行えば通常の厚紙のパッケージと同様に写真やグラデーションのような繊細なデザインを可能にします。質のいい印刷をすることで、企業の信頼度、ブランド力UPにつながります。

・低コスト

通常ですと一度厚紙に印刷してそれを段ボールに合紙するのが一般的ですが、ダイレクトにオフセット印刷することで合紙の手間が省けコストダウン、納期短縮につながります。

当社オリジナルメール便箱

当社オリジナルで作成したメール便箱をご紹介します。

メール便
メール便

印刷条件

紙材質:G段 コート/C5

印刷:4C+ハジキニス

紙質については、メール便に適している段ボールの中でも薄いG段(0.9mm厚)を用いています。

印刷につきましては、最もポピュラーな4C(CMYK)で印刷をして、表面加工としてハジキニスという疑似エンボス加工で高級感を演出しています。ハジキニスについて詳しくは【UV擬似エンボスの紙箱パッケージでの活用方法】【UV擬似エンボスの紙箱パッケージでの活用方法】をご覧ください。

メール便規格段ボール箱がパッケージの役割を担うのでデザインによっては印象に残りやすく、企業の信頼度が上がります。印象に残るということはさらなる売り上げUPにつながります。

まとめ

以上でメール便規格段ボール箱への印刷を紹介させていただきました。当社では受注生産で製造しておりますので、ご要望に合わせたデザイン、形状のものを製作できます。また、厚紙の印刷、加工も当社では製作できますのでご相談ください。

興味を持たれた方、さらに詳しく知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。